PHPで配列と連想配列を使う方法【PHP初心者向け】

【PHPの基本】PHPを始める上で抑えておきたい5つのポイントで変数について解説しました。変数では1つの変数に対して1つの値しか扱うことできません。

あわせて読みたい
【PHPの基本】PHPを始める上で抑えておきたい5つのポイント PHPを勉強で抑えておきたい基本のポイントをまとめていきます。まだPHPの開発環境が構築できていない方は、【初心者向け】MacでPHPの開発環境を構築する方法【MAMP】で...

コードを書いているうちに、1つの変数に対して複数の値を代入して扱いたい場面が出てくると思います。そのようなときには配列を使っていきます。配列を使えば複数の値を代入することができます。

目次

配列の基本形

	$配列名 = array(値1, 値2, 値3, 値4,・・・);
	echo $配列名[インデックス番号];

配列は、配列名 = array(値1, 値2, 値3, 値4,・・・);と定義していきます。配列に入っている値を取り出すには、$配列名[インデックス番号];と書きます。

インデックス番号とは、配列に入れられた値に振り分けられた番号になります。

$text = array("a", "b", "c", "d");
echo $text[0];

//出力結果はa

このようなサンプルコードの場合、aに0、bに1、cに2、dに3の番号が振り分け割れます。インデックス番号は0から始まります。

配列の後ろに値を追加・上書きする方法

配列の後ろに値を追加する方法

$配列名[] = 値;

配列に値を追加するには、$配列名[] = 値;と書きます。

$text = array("a", "b", "c", "d");
$text[] = "e";
echo $text[4];

//出力結果はe

配列の値を上書きする方法

$配列名[すでに登録されているインデックス番号] = 値;

すでに登録されているインデックス番号に対して、値を代入すると、配列の値を上書きすることができます。

$text = array("a", "b", "c", "d");
$text[0] = "あいうえお";
echo $text[0];

//出力結果は、あいうえお

連想配列の基本形

配列はインデック番号に対して値を代入していましたが、連想配列はキーに対して値を代入することができます。

$配列名 = array(
	"キー1" => "値1",
	"キー2" => "値2",
	"キー3" => "値3"
);
echo $配列名["取り出したいキー"];

連想配列は、$配列名 = array(“キー1” => “値1”, “キー2” => “値2”, “キー3” => “値3”);と定義していきます。連想配列の値を取り出すには、$配列名[“取り出したい値のキー”];と書きます。

$food = array(
	"meat" => "肉",
	"fish" => "魚",
	"vegetable" => "野菜"
);
echo $food["meat"];

//出力結果は
肉

連想配列で値を追加する方法

$配列名[キー] = 値;

$配列名[キー] = 値;と書くことによって連想配列に値を追加することができます。

$food = array(
	"meat" => "肉",
	"fish" => "魚",
	"vegetables" => "野菜"
);
$food["rice"] = "米";
echo $food["rice"];

//出力結果は
米

次回のレッスンはfor文

次回はfor文について紹介していきます。

あわせて読みたい
PHPでfor文を使って繰り返し処理を書く方法【PHP初心者向け】 1から10など決まった数値で繰り返し処理をおこないたいときには繰り返し文を使います。その繰り返し文で代表的なものがfor文になります。繰り返し処理はループ処理とも...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる