PHPでwhile文を使って繰り返し処理を書く方法【PHP初心者向け】

前回はfor文を使って繰り返し処理を書く方法を紹介しました。

あわせて読みたい
PHPでfor文を使って繰り返し処理を書く方法【PHP初心者向け】 1から10など決まった数値で繰り返し処理をおこないたいときには繰り返し文を使います。その繰り返し文で代表的なものがfor文になります。繰り返し処理はループ処理とも...

PHPにはfor文以外にも繰り返し処理を書く方法があります。それがwhile文です。

目次

for文とwhile文の違い

for文とwhile文の違いは、繰り返す数が決まっているか、決まっていないかの違いです。

  • for文→繰り返す数が決まっている場合に使用
  • while文→繰り返す数が決まっていない場合に使用

for文でもwhile文でも書き方によっては同じループ処理を書くことはできます。ですが一般的には繰り返す数によってどちらを使い分けるかが決まっています。

また会社やプロジェクトによってはfor文・whileどちらかに統一すると決まっているところもあります。どちらでも書けるようにマスターしておきましょう。

while文の基本形

$i = 0; //初期化
while($i <= 10){ //繰り返し条件
	echo $i; //処理内容
	$i++; //値の増減
}
//実行結果
012345678910
  1. 初期化
  2. 繰り返す条件の記述
  3. 処理内容の記述
  4. 値の増減を記述

初期化

$i = 0; //初期化

PHPでwhileを使う場合、最初に値を初期化していきます。初期化とは繰り返し処理のスタート地点を決めると考えてください。

$i = 0; //繰り返し処理が0から始まる

$i = 0と初期化した場合、繰り返し処理は0から始まります。

繰り返す条件

while($i <= 10){ //繰り返し条件

初期化の次は、繰り返しの条件を書いていきます。whileは繰り返しの条件がtrueの場合(条件が成り立つまで)ループし続けます。

サンプルコードでは値が10以上になったらループが止まります。

処理内容の記述

echo $i; //処理内容

繰り返しの条件のtrueの場合、どのような処理を行うのか書いていきます。

値の増減を記述

$i++; //値の増減

インクリメント処理をしていきます。インクリメント処理とは、整数を1ずつ増やししていく処理です。逆の処理としてデクリメント処理があります。デクリメント処理は整数を1ずつ減らしていきます。

無限ループ

whileやfor文の繰り返し処理を使うときは無限ループに気をつけなければなりません。無限ループとは何度繰り返してもtrueになり、終わらない処理です。

$i = 0; //初期化
while($i <= 10){ //繰り返し条件
	echo $i; //処理内容
  //値の増減の書き忘れ
}

例えば、インクリメント処理を書き忘れた場合、ずっと0の繰り返しが処理されます。

//実行結果
00000000000000000000・・・・・・・・・・

繰り返し処理を書くときには最後は必ずfalseになるように処理を書かなければなりません。

次回のレッスンはforeach

次回はforeachについて紹介していきます。

あわせて読みたい
PHPでforeachを使う方法【PHP初心者向け】 PHPでコードを書いていると、配列や連想配列など複数の値に対してまとめて処理がしたい場面が出てくると思います。そのような時にはforeachを使って処理をしていきます...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる