WindowsでVisual Studio Codeをインストールする方法

PHPに限らず、プログラムコードを書くにはテキストエディタが必要となります。Windowsに標準搭載されているメモ帳でも書けないことはありませんが、テキストエディタの方がコードを書くときに便利な機能が備わっています。

テキストエディタにはATOMやVisual Studio Code、Sublime Textなどいろんな種類があります。どのテキストエディタも機能面ではほぼ同じです。

今回の記事では私が実際に使っているVisual Studio CodeをWindowsでインストールする方法を紹介していきます。

MacでVisual Studio Codeをインストールする方法はこちらで紹介しています。

あわせて読みたい
MacでVisual Studio Codeをインストールする方法【初心者向け】 PHPの開発環境を整えるには、MAMPだけではなく、テキストエディタと呼ばれるメモ帳のようなアプリが必要となります。 まだMAMPをインストールできていない方は、【初心...
目次

Visual Studio Codeをダウンロード

Visual Studio Codeの公式サイトからダウンロードしていきます。

「Download for Windows」をクリック。

Visual Studio Codeをインストール

ダウンロードしたファイルをクリックするとVisual Studio Codeのセットアップ画面が出ます。

「同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリック。

「次へ」をクリック。

スタートメニューにチェックを入れるかどうかは任意です。私はチェックを入れておきました。

「次へ」をクリック。

  • デスクトップ上にアイコンを作成する
  • PATHへの追加(再起動後に使用可能)

2つにチェックを入れて、「次へ」をクリック。

「インストール」をクリック

「Visual Studio Codeを実行する」にチェックを入れた状態で、「完了」をクリックします。

以上でVisual Studio Codeのインストール完了です。

Visual Studio Codeを日本語に設定する方法

完了をクリックすると、Visual Studio Codeが自動的に起動します。

Visual Studio Codeはデフォルトでは英語です。これを日本語に設定していきます。

画面左メニューの四角の集まりのアイコンをクリック。

検索フォームに「Japanese Language Pack」と入力。

Installをクリック。

Restartをクリックして、Visual Studio Codeを再起動させます。

以上で、Visual Studio Codeの日本語化が終了です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる